健康状態が悪くても住宅ローンの審査が通りやすい銀行ってある?

住宅ローンを利用する際には、利用者の健康状態というのも関係してきます。
もし利用者が亡くなってしまったという場合には、団体信用生命保険が残りの住宅ローンを補償してくれてローン残高がゼロになります。
そのため、団体信用生命保険に加入出来る健康状態であることが必要なのです。
持病を持っていたり、過去に大きな病気をしたことがあるため団体信用生命保険に加入できず住宅ローンを利用できないというケースもあるのです。
ただし、多少健康状態が悪くても住宅ローンの審査が通りやすい銀行というのがあり、金利に上乗せした手数料を支払うことで加入条件が拡大された団体信用生命保険に加入することが出来るケースもあるのです。
代表的な銀行ですと、ソニー銀行がこういった対策をおこなっております。