人気の審査の甘い住宅ローンの銀行について徹底検証!

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
家を購入するとき、だれでも最初に考えるの事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。
普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。
支払をする期間はとても長いので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険にも加入するように言われます。
この保険は、申請者に何かあった場合残った借金が0円になる。
という残された家族にもメリットがある保険です。
住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。
借入れをする目的が家を購入するためのものなので、住宅のためでないものは通常、認められません。
ですので、購入したい物件がいくらなのか?これを明確にした上で申請する必要があります。
またもしもこのような借入れが発覚した場合、中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。
既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいのでこれからの事を十分考慮して考えましょう。