看護師の仕事は日勤より夜勤の方が大変?

妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として極力、放射線を浴びないようにすることです。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、注意するに越したことはありません。
それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、軽く考えない方が良いでしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
そもそもなぜ転職したいのかを見直してみては?その時は大変だと感じるようなことがあっても、あとになって振り返ってみると、自分の成長になったと感じることがあるかもしれません。
立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。
自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。
必ず適度な休憩を取るようにします。
病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形でみんなが夜勤を務めます。
夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて職員が大きく減ってしまい、夜中の少人数体制の中で患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。
もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、大体いつも、日勤より多くなるようです。
看護師国家試験は、1年に1度受けられます。
看護師の足りないという問題が起きている日本の社会にとって嬉しいことに、この何年かの国家試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、続けています。
看護師の国家資格の試験は、定員以外をふるい落とす試験ではなく、予め決められたラインを超えれば合格できるシステムです。

美容クリニックへの看護師転職は大変?求人どう?【不安を解決】