ペットローンが急いで必要になったときに備えて

ペットショップのコジマでペットを購入するに当たり、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、多くの信販会社ではペットローンの取り扱いはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるようになっています。

目的別ローンとはローンの使い道が制限されていることで低い金利で借入できるローンのことでその代表的なものは、自動車を購入する際のオートローンやマイカーローンといったローンが上げられます。

コジマのペットローンとして提携しているオリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。

セディナには総合目的ローンという商品があり最大借入額は300万円までで、金利は7.8%から11.8%となっています。

ペットローンを考えているけど年収が低くて審査に通るか自信がないなどローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件として「安定かつ継続した収入があること」が挙げられていることが多く具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

ペットローンではパートやアルバイトでも安定した収入があればOKというローンが多く収入よりも安定かつ継続して勤務しているということの方が重要視されているようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

他にも、過去にローンの遅延や債務整理はないかなど、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。

ペットローンという商品を扱っている銀行は実は少なく大多数の銀行は目的別ローンで対応しています。

ペットローンがある銀行はイオン銀行やスルガ銀行などで、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。

イオン銀行は金利が年3.8%から年8.8%、借入金額は30万円から700万円、借入期間は8年まで、繰り上げ返済手数料は無料です。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンとても魅力的なのですがそれだけ審査が厳しくなっているのは言うまでもありません。

ペットローンとは動物を買う際に利用可能なローンです。

人気の犬種で比較的安価な柴犬でも20万前後が相場ですしトイプードルやロングチワワなどの人気犬種は20万円から38万円程度になります。

猫の場合は、スコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますので犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。

ペット選びというのは、運命の出会いですからペットローンを有効に利用してお迎えしてください。

ショッピングサイトや銀行業務で知られている楽天ですがペットローンはやっていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、ブライダルローンやトラベルローン、教育ローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのであえてペットローンにこだわる必要はまったくありません。

ペットローンを専門に取り扱う金融業者はまだ少ないですが目的別ローンや多目的ローンで対応している業者は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制がありますので無職の人は申込み不可です。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借りることはできますが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンについて説明すると例えばペットローンの場合は、購入したペットの代金を信販会社が立て替えて支払います。

ショッピングローンはなんとなく、審査のハードルが低く見られがちですがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

ローンには銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものとがありますが消費者金融の場合は総量規制があります。

パートで収入を得ている主婦であれば、年収の1/3以内であれば融資を受けることができますが専業主婦の場合は年収がないので、消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行は総量規制の適用外なので専業主婦でも融資可能となっていますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の申し込み条件に「安定した収入がある方」という項目があり場合によっては収入確認資料を用意しなければいけません。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、旦那さんにローンを組んでもらいましょう。

ペットローンはペットの購入費等に使い道が限定されているローンですが当然、ローンの審査をクリアする必要があります。

申請するには郵送やインターネットから選べ、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。

すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限がかかっているローンでも収入を証明する書類が必須となってきます。

ペットローンは用途が限定されているローンなのでペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開しています。

参照:ペットローン審査甘いのは?派遣やアルバイトの方も申し込みOKなのは?

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

最高限度額800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低いのが特徴的です。

パソコンやスマホからなら24時間いつでも申込が可能で来店する必要もありません。

申請の条件には年齢が20歳以上65歳未満であること安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットショップにいる動物は数10万円と高額なので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携しローンを組めるような体制を取っている店舗も多いです。

ショッピングローンはペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというもので購入者は代金を信販会社へ分割払いで返済していくというものです。

クレジットカードと同じだと思われがちですがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申込書に記入するローンもショッピングローンですから審査結果早いのですが、追加融資などは受けられません。