母子家庭の住宅ローンはやはり厳しいのが本当なのでそこからどうするのか考えてみた

自分で家を建てたいと思い始めたとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。

申請後は金融機関側の審査がありパスしないと先にはいけません。

ここで重要とされる基準は仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

さらに、カードローンの利用歴も厳しくチェックする所はチェックされますので今後住宅購入を考えているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただそんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などは住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

マイホームの資金繰りの役立つのは母子家庭の住宅ローンです。

ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。

という風な単純なものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。

これから、新築または中古の家を購入される方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、一例として110万円以上の援助を受けた時は、約10%を税金として支払う義務があるのです。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこの理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

母子家庭の住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

参照:母子家庭の住宅ローン審査は厳しい?パートで組める?【シンママの審査】

申し込みはお近くの銀行や信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

大事な点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も審査基準の判断になりますので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをした方が良いと思います。

住宅ローンを組むにはまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの母子家庭の住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方は融資を得る為に必要な経費とその他にも何が必要か調べましょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか全て計算してから考えてみるべきなのです。

具体例を挙げると、事務手数料や保証料が無料の場合、他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。