愛犬の耳のトリミング(お手入れ)をしていると思います。ペットは自分で綺麗にする事が出来ません。ですから、飼い主さんがお手入れをしてあげる必要があると言えます。プロにトリミングをお願いしても良いと思います。しかし、自宅で日常的に行う事も必要だと思います。健康チェックにもなりますから。

耳のお手入れをする時は、明るい場所とか、耳の中が見える状態で行ってください。刺激が少ない耳用のローションとか、コットン、綿棒などを用意します。そして、耳の内側全面を優しく拭き取ってくださいね。耳が垂れている犬種については、蒸れやすいため、汚れが溜まりやすいと思います。炎症にならないように綺麗にしてあげましょうね。

指にコットン、またはガーゼを巻き付けて掃除してあげましょう。小型犬の場合は、綿棒にガーゼを巻きつけると良いですね。※但し、あまり奥まで指、綿棒を入れないでください。注意しましょう。また、お手入れをする時に、犬が暴れてしまうこともあります。ですから、抱きかかえたり膝に乗せたりしながら行うか、動かないように様子を見ながら行ってください。耳の中に毛が生えている犬種の場合は、毛を拭いてから掃除を行うようにしましょう。それが良いと思います。

出来れば耳の中の毛は抜いた方が良いと思います。週に1度、定期的にお手入れをしましょう。是非ともお手入れは行ってください。

関連ページ